月別アーカイブ: 2013年6月

アシュタンガヨガ集中コース40時間

この7月の1ヶ月間に集中してアシュタンガヨガの学びを深めるコースを開催いたします。

photo(3)

ヨガ哲学とその歴史、さまざまなスタイルのヨガ、ハタヨガの成り立ちとその世界観、アサナ・プラナヤマ・瞑想・浄化法といった具体的実践法・・・といったハタヨガの基礎をベースに、アシュタンガヨガ独自のシーケンスとポーズにフォーカスした実践的な内容となります。

具体的には、プライマリーの各アサナの簡易バージョン、ステップアップ法、軽減法、上級バージョンと、それぞれの解剖学的&エネルギー的アプローチを学びながら、個々のコンディションに合わせた他者へのアジャスト法を介して、自分自身の練習における意識を高めていきます。

また、本来の意味でのプラナヤマとバンダ、ドリスティと集中、そして瞑想の実践を通して正式なヴィンヤサのカウントを理解すると同時に、サンスクリット語でのカウントとアサナ名も、意味を理解しながら学んでいきます。

そして、自分自身のグラウンディングを軸とした安全かつ適切な指導のための心がけや、”からだで&こころで”人に触れるということの理解を深め、実際にデモクラスで指導の実践を行います。

ただ漫然と、各アサナのカタチだけを目ざして肉体を鍛錬する粗雑な練習から離れ、サマスティティヒから始まりサマスティティヒに終わるアシュタンガヨガの全ての流れの中で、いかにこの肉体をつかさどり、内部に満ちるエネルギーを調整し、どのように自己と向き合い、世界と調和していくか・・・といった、トータルな自己成長のツールとしてのアシュタンガヨガを実際に体験しながら学びます。

ぜひ、これを機に、共にアシュタンガヨガの学びを深めていきましょう。

photo(4)

アシュタンガヨガ集中コース40時間

【日程】
6/23(日) 
09:15~11:15 マイソール(2h)
11:30~14:30 プレクラス(ヨガ哲学と歴史・ハタヨガの基礎)(3h)

6/30(日) 
09:15~11:15 マイソール(2h)
11:30~14:30 コース1回目(3h)

7/07(日) 
09:15~11:15 プライマリーレッド(2h)
11:30~14:30 コース2回目(3h)

7/14(日) 
09:15~11:15 マイソール(2h)
11:30~14:30 コース3回目(3h)

7/21(日) 
09:15~11:15 マイソール(2h)
11:30~14:30 コース4回目(3h)

7/28(日) 
09:15~11:15 マイソール(2h)
11:30~14:30 コース5回目(3h)

8/04(日) 
09:15~14:30 プライマリーレッド・デモクラス実習&フィードバック(5h)

8/11(日) 
09:15~14:30 マイソール・デモクラス実習&フィードバック(5h)

全40時間 / プレクラス不参加の場合は35時間

【参加費】
全40時間・・・45,000円 (チケット併用の場合は35,000円)
プレクラス不参加35時間・・・40,000円 (チケット併用の場合は30,000円)
3hの各コースは単発での参加も可能です(1回=5,000円)

【定員】
8人までの少人数制となります

【参加資格】
-アシュタンガヨガの練習を継続的に1年以上続けている方
-その他の流派のハタヨガの練習を継続的に2年以上続けている方
(肉体的な柔軟性や体力、年齢や性別などは一切問いません)

下記の方は、プレクラスへの参加は不要です
-ハタヨガの基礎知識(歴史・哲学等)を学んでいる方(独学・TTCを問いません)
-ハタヨガ基礎短期集中コースに参加された方

【内容詳細】
ハタヨガの基礎・・・プレクラスでの学習内容です
-古典ヨガの基礎1(ヴェーダンタとバガヴァッドギータ)
-古典ヨガの基礎2(サンキャ哲学とヨーガスートラ)
-ヒンズー教とタントラヨガ(ハタヨガプラディピカ・シヴァサンヒター・インド神話)
-現代ヨガの系譜(インドから西洋へ、そして日本へ)
-現代ヨガの実情(スピリチュアリズムと健康志向の狭間で)

アシュタンガヴィンヤサヨガの特徴
-トリスターナの肉体的・精神的・神話的意義
-呼吸のメカニズム(腹式呼吸と胸式呼吸)
-プラナの概念とプラナヤマ&バンダ
-トリスターナとチャクラ
-プラクティスにおけるディヤーナ
-粗雑な肉体でとるアサナ・微細身でとるアサナ
-名前の由来に見るアサナの意義
-カルマヨガとしてのアシュタンガ・バクティヨガとしてのアシュタンガ
-パッタビ・ジョイス(グルジ)について

プライマリーシリーズ
-伝統的なヴィンヤサとサンスクリット語でのカウント
-各アサナの簡易バージョン~ステップアップ法~上級バージョン
-各アサナにおける体内エネルギーの流れ
-ヨガ流派によるアライメントの違い
-上記をふまえたアジャストメント

指導者としての心がけ
-瞑想の必要性
-知覚場を広げる
-触れるということ
-自身を写す鏡
-ジャッジメントとエゴ
-内なる批判者の声を聞く
-プラクティスへの揺らぎない信頼

【お申し込み&お問い合わせ】
yumikomosley@gmail.com
までお願いします

広告