Dominic Corigliano Workshop @ Akiya Yoga House

世界有数のシニア・ティチャーである ドミニク・コリリアーノ先生のワークショップを 秋谷ヨガハウスで開催します。 30年以上のキャリアを持つドミニク先生の 超越した指導を少人数の親密な環境で受けることのできる 多分世界で例を見ない画期的なワークショップです。 アシュタンガヨガの練習をされている、全ての方へ ぜひともご参加いただきたいイチオシのワークショップです。

Dominic Corigliano Workshop @ Akiya Yoga House
Sat 28th Feb & Sun 1st Mar

So pleased to announce that Dominic Corigliano, one of the great senior certified teacher, will be teaching us for a 2 day workshop at Akiya Yoga House in Feb during his stay in Japan.

This is a rare opportunity to learn and deepen our practice under the watchful eyes of Dominic sensei, who has been teaching worldwide for more than 30 years, in a relaxing and intimate atmosphere with a small group of students.

His subtle and profound style of teaching allows us to be free, brave and humble with our practice, and bring us to the depth of what yoga can offer.

“Ashtanga practice reveals the 8-fold path. Practice leads to understanding beyond rational understanding. It’s a cellular understanding. You are and your understanding is, ever deeper. It’s scary…. And exuberant.” Dominic Corigliano
http://www.ashtanga.com/html/article_corigliano_dominic.html

Sat 28th Feb

7:30-10:45 Mysore Class (max 12 students)
7:30-9:00
9:00-10:30…Fully booked

11:00-12:30 Workshop (all level)…Fully booked

Sun 1st Mar

7:30-10:45 Mysore Class (max 12 students)
7:30-9:00
9:00-10:30…Fully booked

11:00-12:30 Lecture Class…Fully booked

In order to meet all participants’ individual needs, the workshop and lecture class will be free style and interactive rather than setting a specific theme or topics.

10291721_10204103087480219_7407568651616216071_n-200x300

日程:2月28日(土)&3月1日(日)

場所:秋谷ヨガハウス

【スケジュール】

2月28日(土)
07:30~10:45 マイソールクラス(定員12名・2部制)・・・グループBは満員です
10:45~11:00 軽食:フルーツとチャイ、マクロビスイーツ
11:00~12:30 アシュタンガヨガワークショップ・・・満員です
12:30~14:00 昼食:ビーガンランチ

3月1日(日)
07:30~10:45 マイソールクラス(定員12名・2部制)・・・グループBは満員です
10:45~11:00 軽食:フルーツとチャイ、マクロビスイーツ
11:00~13:00 レクチャークラス・・・満員です
13:00~14:30 昼食:ビーガンランチ

【クラス内容】

マイソールクラス
このクラスは2部制となります。
– グループA:7:15~9:00の間で練習をしてください
– グループB:9:00~10:45の間で練習をしてください
*10:45にはシャバーサナも含めて終了するようお願いいたします。
– クラスオープン 7:15
– 指導開始 7:30から
– 指導終了 10:30まで
– クラスクローズ 10:45

アシュタンガヨガ ワークショップ & レクチャークラス
土曜日のワークショップ/日曜日のレクチャークラス共に
当日ご参加いただく皆様ひとりひとりに必要な学びがなされるよう
あえてテーマや内容を限定せず、フリースタイル形式のクラスとなります。

30年以上にわたる練習・指導の経験からくる深い洞察
アシュタンガの源であるグルジからダイレクトに受け継がれた光と智慧
慈愛に満ちた暖かさと、人間味に溢れたドミニク先生個人の魅力

そんな素晴らしいシニア・ティーチャーに直接学ぶせっかくの機会
決まりごとのような堅苦しいテーマなど設けず、もっと自由でインタラクティブに
参加される皆さんひとりひとりが、「個人的な学び」を深めていけるように、と
ドミニク先生と相談をして、このようなカタチになりました。

偶然に、必然に、その場に居合わせるみなさんと先生
それぞれの存在が生み出し、織りなす化学反応を大切に。

杓子定規的な計画や予定、思い込みや囚われからは一旦抜け出して
表面的な上辺だけの「学んだつもり」の知識を蓄積するのではなく
私たちひとりひとりの核心の部分に触れ、深い気づきをもたらす
アシュタンガヨガを介した私たちのリアルな学びの本質へ
経験豊富なドミニク先生にガイドしていただく・・・
そんな内容のクラスです。

attention
土曜日のワークショップ・日曜日のレクチャークラスにご参加の方で、特に今回初めてドミニク先生の下で練習をされる方は、ぜひ当日のマイソールクラスへの参加をお勧めします。朝のマイソールクラスを通して、ドミニク先生がひとりひとりの心身やエネルギーを繊細に観察し理解を深め、そこから生まれる個々に即したアドバイスや提案をベースに、11時からのクラスがインタラクティブに展開します。(ワクワク)

また、わたしたち日本人は基本的にとても謙虚で、こんなこと聞いてもいいのだろうか?と周囲への配慮を持ち、自己表現や発言を控える傾向があります。そこで、皆様からの質問や疑問、悩み、またはリクエスなどありましたら、ぜひ事前にメールでお送りください。事前に先生に目を通していただき、当日の内容に反映させていただきます。日本語でも英語でもOKです。しっかり翻訳してお伝えしますので、yumikomosley@gmail.com までお願いします。

【料金】
<<通常料金>> 1クラス=4500円 2クラス=8500円 3クラス=12000円 4クラス=15000円

<<逗子ヨガメンバー料金>> 1クラス=4000円 2クラス=7500円 3クラス=11000円 4クラス=14000円

【ヨガマットについて】

貸しマット:1枚・1日500円(当日会場にてお支払いください) 枚数に限りがありますので、できるだけマイマットの持参をお願いします。 2日続けてご参加の場合、初日にマイマットを会場に預けておくことも可能です。(無料)

【食事について】

軽食:フルーツ・マクロビスイーツ・チャイをマイソール後にご用意しております(500円) ランチ:ボリュームたっぷりのマクロビランチをご用意しております(1500円) 共に、身体にやさしいメニューですので、ご安心してお楽しみください。

【ヨギの市】

当日会場でフリーマーケットの場を設けます。もう使わないけれど、捨てるにはちょっと・・・という「ヨガっぽい」衣類や小物、本やCDなど、持ち寄りましょう。基本は無料提供ですが、手作りのアクセサリーや小物、お菓子などを販売したいという方は、ご相談ください。

【お申し込み】

1) お名前(フリガナ) 2) 連絡先(Gmaiからのお知らせを受け取れるメールアドレス) 3) 参加希望日&クラス 4) マイソールクラスの場合はグループAとBどちらを希望するか 5) 軽食を希望(する/しない) 6) ランチを希望(する/しない) 7) ヨギの市に出品(する/しない) 8) 逗子駅⇔会場の送迎を希望(する/しない) 上記をメールでお送りください。折り返し振込先等のご案内をお送りいたします。 入金を確認後、予約完了となります。

申し込み先: yumikomosley@gmail.com

それでは、みなさまとお会いできることを、楽しみにお待ちしております!

ドミニク・コリリアーノ先生について

アシュタンガヨガの創始者パタビ・ジョイスにとって、最初の頃の西洋人練習生のひとりであるドミニク・コリリアーノ先生は、80年初頭に練習を始め、正式指導資格者となり、グルジとその家族と共に世界各地を周り、30年以上の長きに渡り、自身の練習と指導を続けている、世界有数のシニア・ティーチャーです。

ドミニク先生は、ティム・ミラー、チャック・ミラー、リチャード・フリーマン、エディ・スターン等と並び、アシュタンガヨガを現在の私達へと伝える橋渡し役を担った、オールドスクールの生徒の一人でもあり、Youtubeの古い記録映像の中などで彼らの姿を見る事ができます。

現在は世界各国を周りながら、アシュタンガヨガを伝えるドミニク先生ですが、今年の1月より二か月間マイソール東京のタリック先生の代行として指導をしています。

ドミニク先生は過去にも2回、日本で数か月のマイソール指導をされており、幸運なことに私自身ドミニク先生の元で練習をする機会に恵まれ、その経験があったからこそ、今でもアシュタンガヨガの練習を続けてこられたのだと思っています。

ドミニク先生は、単純な表面だけのポーズ指導をするに留まりません。ドミニク先生の長い時間を経た自身の練習、生徒への指導、グルジと過ごした年月、そして人生のあらゆる経験からくる深遠な洞察力は、私たちの存在の「目に見えない」部分にまで、深く語り掛けてくれます。

ちょうど私が頸椎ヘルニアになり、リハビリをしながらアシュタンガヨガの練習をしていた頃、ドミニク先生のマイソールクラスを受けていました。身体が思うように動かないジレンマを抱えながら、それでもアサナの練習をすることに疑惑や不信を持っていた私に、「ああしなさい、こうしなさい」とか「こうしてはダメ」といった一方的な指導ではなく、

Do your practice! Yoga will work for you
アナタの練習をただおやりなさい そうすればヨガが自ずとアナタに働きかけてくれます

そう言って、励ましてくれたのが印象的でした。 当時のブログです。ご興味のある方はどうぞ。 http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/blog-entry-360.html
http://everydayashtanga.blog116.fc2.com/blog-entry-363.html

私個人の強い思い入れ(笑)はともかく、ドミニク先生に興味を持たれた方、もっと先生を知りたい!という方は、先生のサイトから印象的な語録を和訳しましたので、ぜひご一読ください。

「若い頃、私はよくヒッチハイクをしたものだ。ちょうどジャック・ケルアックやビート文学に傾倒していた頃でもあり、17歳から23歳にかけて、6~7回ほど、全米を横断したんだ。そしてかれこれ30年も経った現在、当時訪れた各地をまた再訪していると、自分自身の変化を感じるよ。同時のティーンエイジャーだった自分にとって、旅はとてもエキサイティングだった、だけど、そこには同時に「恐れ」と「不安定さ」があった。そして、30年後の現在の私には、人生の中心にヨガがあり、それがよりどころとなっているんだ。」

肉体的に過酷ともいえるアドバンスシリーズを1989年から練習しているドミニク先生は、意外にもあまり健康的な体質ではなかったそう。

「私自身、あまり健康的な状態からヨガを始めたわけではないんだ。当時、私の体調は芳しくなく、心雑音をはじめとして様々な疾患があったんだ。だけど、喘息もちの身として、ヨガの呼吸にはとても魅了されたよ。ヨガは、実際に効果のあるセラピーであることは間違いない。だから私は常に、病気やケガなど、肉体的に制限されている人々へ、このことをしっかりと伝えるようにしている。」

ドミニク先生は、コミュニケーションのアプローチとして、バタビ・ジョイスはもちろん、催眠療法で知られる心理学者ミルトン・エリクソンの影響も受けているとのこと。なんか、納得!ですね。

「エリクソンは人間の様々な異なる意識状態を理解した、「Suggestion=提案」の巨匠だ。彼は自身の病気(ポリオに2度罹っている)から多くを生み出した。パタビ・ジョイスもまた、「Suggestion=提案」の巨匠であり、グルジは究極のコーチ(=指導者)とも言える。指導者は、生徒にすべてを捧げる献身者であるべきだし、師弟の関係というものは、とても親密でパワフルなものなんだ。」

アシュタンガヨガのメソッドについても、言葉の壁を越えて伝え合う事のできる点で、同様のことが言える、とドミニク先生は語ります。生徒の身体と練習にとりくむ態度は、彼らの文化を反映しているが、そこに内在する質は、全世界共通であると。

「アメリカやヨーロッパの生徒達は非常にシリアスで自身の変革を求めているけれど、マレーシアの生徒達は自分自身に対してとても大らかだ。だけど、世界のどこへ行こうと、アシュタンガヨガの練習における、呼吸とリズムのダンスは同じなんだ」

「アシュタンガヨガの練習は、8支則の教えを紐解くことになる。この練習は、論理的な思考を超えた理解へと、私達を導く。それは細胞レベルの理解と言ってもいいかもしれない。君自身と君の理解が更に深まっていく時、それは恐怖との対峙でもあるけれど、同時にとても豊潤で生き生きと活力に満ちたものでもあるんだよ」

http://www.ashtanga.com/html/article_corigliano_dominic.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中