5/4(月祭)のワークショップについて

5/4(月祭)12:30-14:30  ワークショップ1

アシュタンガヨガの大切なこと
~呼吸・プラナ・バンダ・ドリスティ、そしてヴィンヤサ

4/29(水祭)のレクチャークラスを受け
「現代ヨガ文化」と「古典ヨガ」の間をつなぐシステムとしてのアシュタンガヨガについて
肉体のポーズだけの練習ではなく、より微細な次元へ向かう、そのしくみを紐解きます。

ついつい物質的な肉体のカタチで捉えがちなポーズを
少し微細な次元で捉えていく、そのベースを学んでいきましょう。

解剖学的な筋骨の働きを意識して、意志というアタマの指令でコントロールする肉体は
緊張や力みにがんじがらめとなり、筋疲労や筋肉痛、そして怪我や不調などをもたらす危険もあります。

目に見えない生命エネルギー(プラナ)を意識して、
呼吸(プラナヤマ)や、プラナを体内に保持する練習(バンダ)
そして落ち着いたマインドをもたらす一点集中(ドリスティ)を心強い見方に、ポーズに取り組むことで
どんな違いがもたらされるか、実際に体験していきます。

経験や柔軟性や肉体条件に惑わされず、誰もが等しく行える練習アプローチは、どちらなのか?

自分は、肉体的な鍛錬のアプローチを求めているのか
もしくは、それを超えた次元でのプラクティスを求めているのか

そういった部分に、気づいていくきっかけとなれば、と思います。

内容
1 故パタビジョイス氏の功績
2 基盤となる八支則
3 99%プラクティス&1%セオリーの意味
4 トリスターナについて
5 ビンヤサについて

土台となる基礎知識
 ◆ ヤマ・ニヤマ
◆ 4つのプルシャルタ
◆ 3つのグナ
◆ 5つの心の状態
◆ 5つのコーシャ
◆ 5つのヴァーユ

アシュタンガヨガを知りたい全ての方が対象となります。
ぜひご参加ください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中