Ashtanga yoga

アシュタンガの練習について1
アシュタンガの練習について2
マイソールクラスについて
レッドクラスについて
アシュタンガを始めたい
グルジについて

アシュタンガヨガとは


インドの故パタビ・ジョイス氏により考案されたアシュタンガ・ビンヤサ・ヨガ・システムは、決められた「呼吸」「ドリスティ(凝視点)」「アサナ(ポーズ)」の組み合わせを順序正しく行いながら、体内のエネルギーを整えていくことで、私達の心と身体を健やかな状態へと導きます。
すべての動きは呼吸と共に流れるように連続的に行われ、「動く瞑想」とも呼ばれています。ダイナミックな動きと呼吸により、身体の奥深くから熱を発生させ、全体のエネルギーを高めます。そして同時に、研ぎ澄まされた集中と、精神と肉体の浄化がもたらされます。


聖者パタンジャリによって、2500年前に編纂された、インド哲学におけるヨーガの根本聖典「ヨーガ・スートラ」。その中で説かれる、サマディ(解脱・悟り)に至る八支則(8つの肢=アシュト+アンガ=アシュタンガ)の教えを、現代の私達にも体現できるよう、故パタビ・ジョイス氏が考案した実践法が、このアシュタンガヨガです。

八支則

1.禁戒Yama(ヤマ):他人や物に対して、するべきではない行動。

  • 非暴力Ahimsa(アヒムサ) 肉体、言葉、想念での暴力をふるわない。
  • 正直Satya(サティヤ)嘘をつかない、偽らない。
  • 不盗Asteya(アステーヤ)盗まない、必要以上に取らない。
  • 梵行Brahmacharya(ブラーマチャリヤ) 欲望や快楽に溺れない。
  • 不貪Aparigraha(アパリグラハ) 欲に囚われない、執着しない。

2.勧戒Niyama(ニヤマ): 自分に対して、するべき行動。

  • 清浄Shaucha (シャウチャ) 体と心を清潔に保つ。
  • 知足Santosha(サントーシャ) いまあるものに満足する。
  • 精進Tapas(タパス) 鍛錬、精神修行。
  • 読誦Swadhyaya(スワディヤーヤ) 経典や自分自身に対する学びを深る。
  • 神への祈念Ishvarapranidhana(イシュワラプラニダーナ) 至高の存在へ自己を受け渡すこと。

3.坐法Asana(アサナ): ヨガのポーズ
4.調気法Pranayama(プラナヤマ): 呼吸法による体内エネルギーの調整。
5.制感Pratyahara(プラティヤハラ): 感覚の制御。五感による外部からの刺激を引き離す。
6.集中Dharana(ダラナ):意識を安定させ、完全に一点に留めること。
7.瞑想Dhyana(ディヤナ):集中の対象を持たない、静謐な精神状態。
8.三昧Samadi(サマディ):悟り、解脱。

始まりのマントラ


Om
オーム

वन्दे गुरूणां चरणारविन्दे
सन्दर्शित स्वात्म सुखाव बोधे
vande gurunam charanaravinde
sandarshita svatma sukhava bodhe
ヴァンデ グルナム チャラナラヴィンデ
サンダルシッタ スヴァトマ スカーヴァボーデ

私達の真我を隠す覆いを取り除き
至福に満ちた悟りへと導く師
その蓮華の足元に
私は深く頭を垂れます

vande (वन्दे) = 褒め称える
gurunam (गुरूणां) =  グル 導師
charana (चरणा) = 足
ravinde (रविन्दे) = 蓮華
san (सन्) = 与える 捧げる
darshita (दर्शित) = 覆いをとる
sva (स्व) = 私達の
atma (आत्म) = アートマ 真我
sukha (सुख) = スッカ 至福
sukhavabodhe (सुखावबोधे) = 至福に満ちた目覚め

निःश्रेयसे जङ्गलिकायमाने
संसार हालाहल मोहशांत्यै
nih shreyase jangali kayamane
samsara halahala mohashantyai
ニッシェヤーセー ジャンガリ カーヤマネ
サムサラ ハラハラ モハシャンティエィ

永劫の輪廻をもたらす
私達の無知という毒を
密林の呪術師のごとく
消し去り癒してくださる師

nih (निः) = まったくの
shreyase (श्रेयसे) = 幸福
jangali (जाङ्गलि) = ジャングル
kayamane (कायमाने) = シャーマン ヒーラー
sansara (संसार) = サムサラ 輪廻転生
halahala (हालाहल) = ハラハラ 毒
moha (मोह) = 幻影
shantyai (शांत्यै) = 落ち着く

आबाहु पुरुषाकारं
शंखचक्रासि धारिणम्
abahu purushakaran
shankhachakrasi dharinam
アーバーフ プルシャッカラン
シャンカチャクラーシ ダハーリナム

胴体は人間の姿
聖音を奏でる法螺貝と
永遠を意味する円盤と
分別を現す剣を
その手にたずさえて

abahu (आबाहु) = 上半身
purusha (पुरुष) = プルシャ 人間
akaram (आकारम्) = 姿 形状
shhankha (श्हंख) = (全ての始まりである聖音を奏でる)ほら貝
chakra (चक्र) = (永遠を意味する)円盤
asi (असि) = (分別を現す)剣
dharinam (धारिणम्) = 携える

सहस्र शिरसं श्वेतं
प्रणमामि पतञ्जलिम्
sahasra shirasam shvetan
pranamami patanjalim
サハスラ シラサム シュヴェータン
プラナマミ パタンジャリム

その上に千の白く輝く頭を持つ
竜王アナンタの化身
パタンジャリよ
あなたに感謝と尊敬の念を捧げます

sahasra (सहस्र) = 千の
shirasam (शिरसं) = 頭
shvetam (श्वेतं) = 白い光
pranamami (प्रणमामि) = 伏し拝む
patanjalim (पतञ्जलिम्) = パタンジャリへ


Om
オーム

終わりのマントラ

Mangala Mantra
マンガーラ マントラ

svasti prajabhyah
pari-palayantham
スワスティ プラジャビャハ
パリ パラヤンタム

nyayeana margena
mahim maheesah
ニャーイェーナ マルゲーナ
マヒン マヒーシャハ

go-brahmanebhya
shubamasthu nityam
ゴー ブラマネビャハ
シュバマストゥ ニットゥヤム

lokah samasthah
sukhino bhavanthu
ローカハ サマスターハ
スキノ バヴァントゥ

Om Shantih Shantih Shantih
オーム シャンティ シャンティ シャンティヒ

May there be well being to the people;
may the kings rule the earth along the right path;
May the cattle and the preceptors of culture and wisdom
have well being forever;
May all the beings in all the worlds become happy;
Om, Peace, Peace, Peace.

この世のリーダー達が法と正義をもって世を治め
何世代にもわたる人類の繁栄を守り続け
世の全ての人に幸と栄えが永遠にあらんことを祈ります。
平安あれ、平安あれ、平安あれ

-当サイト内に記載されている全ての文章の無断転載・転用を禁止します-

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中